​プロフィール

Natsuko

Nagahama

 
                             - Canta Actriz -
                              芝居・音楽・朗読

長浜奈津子

<ながはま なつこ 女優/歌手>
 
北海道 函館市出身 

桐朋学園短期大学芸術演劇専攻科卒業

劇団俳優座に所属

主な活動 芝居と音楽と朗読

 

<女優・朗読>

舞台を中心に演劇活動をする。

語り芝居、朗読公演にも多数出演。

女優・朗読家プロフィール

2013年より六本木ストライプハウスギャラリーにて「朗読空間~ひとり語り」を始め活動展開中。

朗読公演ブログ  http://ameblo.jp/vivi-gato/

2018年、朗読と音楽のユニット“おとがたり”を結成。共演者は2013年より朗読やひとり芝居で共演を重ねるヴァイオリニスト喜多直毅氏。現在都内中心に活動中。

2019年5月市川市文学ミュージアム 荷風忌 出演

”おとがたり” http://www.otogatari.net/

<歌手としての活動>

現在、アルゼンチンタンゴとフォルクローレを中心に、ポピュラー(JAZZ、ヴォサノバ、シャンソンなど)や昭和歌謡、日本の抒情歌などもレパートリーに活動中。ギター弾き語りのライヴもおこなっている。銀座シャンソニエ、月夜の仔猫(第4月曜日 レギュラー出演)

 

◆ 読売・日本テレビ文化センターにてタンゴ歌講師。荻窪、恵比寿、大森、浦和と4教室にて指導。

​・歌手プロフィール

 

 
 =舞台出演=

俳優座公演

■2019年「クスコ」(ロシア・ルーマニア シビウ演劇祭) 作:斎藤憐 演出:森一

■2017年「クスコ」(俳優座稽古場) 作:斎藤憐 演出:森一

■2015年「桜の園」作:A・チェーホフ 訳:湯浅芳子 演出:川口啓史

■2013年「心細い日のサングラス」作:山田太一、演出:中野誠也

■2010年「山火」(俳優座稽古場)作 チャ・ボムソク 演出 亀井光子

■2008年「春立ちぬ」作:ふたくちつよし 演出:亀井光子

■2007年「豚と真珠湾」(俳優座劇場)作:斎藤憐 演出:佐藤真

■2005年「湖の秋」作:長谷川孝治 演出:高岸未朝

■2001年~再演「坊ちゃん」作:夏目漱石 演出:福田善之

■2000年「ロッテ」作:ボート・シュトラウス 演出:ポール・ビナッツ

■1998年「チェーホフ家の人々」作・演出:八木柊一郎

■1997年「ゆの暖簾」作:平石耕一 演出:阿部廣次

■1997年「門-わが愛」(紀伊国屋劇場)夏目漱石 演出:島田安行 

■1994年~再演「とりあえずの死」作:藤田傳 演出:西木一夫

■1992年「季節はずれの長屋の花見」地方公演 作:吉永仁郎 演出:阿部廣次

■1991年「第三帝国の恐怖と貧困」(俳優座稽古場).演出:佐伯赫哉

■1990年「石棺」演出:千田是也(俳優座劇場)~地方公演

■1989年「白痴」ドストエフスキー(グローブ座)演出:V・フォーキン

■1988年「赤きこころも て飛鳥」(俳優座劇場)作:斎藤憐 演出:千田是也

俳優座特別朗読公演 戦争とは…

■2014年~2016年(5F稽古場会場)

俳優座 外部公演

■2019年「音楽劇 人形の家」作:イプセン 翻訳:原 千代海 演出:西川信廣

■2017年「音楽劇 人形の家」作:イプセン 翻訳:原 千代海 演出:西川信廣

■2013年 うつみ宮土理 present’s TEAM花時特別公演「花より団子よりサランへヨ!!」(9月22日(日)~9月29日(日)中目黒キンケロ・シアター)

■2009年 グレイクリスマスの会「グレイクリスマス」(俳優座劇場~地方)

■2009年 劇団俳小「啄木鳥が鳴く森の中で」(東京芸術劇場)

■2009年 日韓演劇フェス「七山里」(あうるすぽっと)

■2008年 横浜夢座「山本周五郎の妻」

■2003年~2005年 劇団希望舞台「おばあちゃん」朝間義隆 作/演出

■「嵐が丘」(新橋演舞場)

■俳優座劇場プロデュース「夜の来訪者」

自主企画

なつきの会 2012年~13年(ストライプハウス・スペース)

 2012年「無題ー」共演:米倉紀之子氏(劇団昴)

 2013年「ある晴れた夏の日」共演:喜多直毅氏(ヴァイオリニスト)

情報、写真の無断転載禁止 Copyright © 2018.5.1